×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オンラインゲーム

MMORPG

アクション

シューティング

スポーツ

カード

アバター

その他

リンク

アラド戦記(あらどせんき)

■ストーリー

人間たちは転移と呼ばれる次元移動現象によって、これまで見たことのない新しい生命体を目にすることになる。新しい生命体に対する好奇心もつかの間、それらがみるみるうちに暴悪になり民間人に被害が相次いだ。


転移に加え、かつてエルフの森<グランプロリス>に棲息していた動植物に異変が起きていた。その最中、突然起きたグランプロリスの大火災。この事件後、グランプロリスではエルフたちの姿は見られなくなり、暴悪と化した動植物と転移によって現れた生命体でいっぱいの死の森と変わっていった。人々はそれらを<モンスター>.と呼び、警戒し、恐れていた。ちょうどその時からモンスターたちを討伐するため、日々己の身体を鍛錬し世界を冒険しようとする<冒険者>とよばれる者たちが歴史に多く登場することになる。


一方、グランプロリスの大火災によって<天城>を包んでいた霧のような魔方陣が晴れ、天城の雄々しい姿が現れる。千年前、人間の大陸と天界の交易場所となっていた天城。伝説の中で伝えらてきた天城がその実体を明らかにした。天城を守る光の生命体と龍人たちがその前をはばかる。


あちこちから伝えられる伝染病の知らせ。30年ぶりに目覚めた冷龍<スカサ>に追われ国境を侵入した<バントゥ族>の知らせも加わり、世界が時とともに混乱していく中、冒険者と呼ばれる者達が増えていくことだけが唯一の救いなのだが…


この混沌の世界に未来はあるのか? この全ての出来事の原因は何なのか? 果たして冒険者たちがこの混乱を鎮め、未知の世界である天界や魔界を冒険することできるだろうか?


冒険は今始まったばかりである。

■疲労度システム

アラド戦記は疲労度システムを通じ長時間のゲームプレイを防止しております。全てのキャラクターは基本的に156の疲労度を持ってダンジョンに入り、マップを一つクリアするごとに1の疲労度が消耗され、疲労度が全て消耗するとダンジョンに入ることができなくなります。消耗された疲労度は毎日午前6時に初期化されます。

疲労度を使い果たすと・・・
長時間のプレイをなされましたので、また次の日にプレイすることをお勧めします。疲労度を消耗しない決闘場でのプレイはお楽しみいただけます。

疲労度を得るためには・・・
メンバーシステムを通じ疲労度を少しずつ充填することができます。下位メンバーやアイテムによって最大疲労度を増やすことも可能です。

■キャラクター

鬼剣士
アラド大陸では多くの剣士は片手に剣、もう一方の手には遁を持つ傾向がある。多くの剣士は長い間そのスタイルを崩していない。しかし鬼剣士は盾を持たず、たった一つだけ武器を用いる。その理由は彼らの特異な左腕のためだろう。鬼神に呪われて変色したその腕は<鬼手(きしゅ)>と呼ばれ、時として鬼の力が暴走するため、鎖で縛っておかなければならない。そのため両手で別々の武器を扱うわけにはいかない。<鬼手>と呼ばれる身体変形現象は50年ほど前からアラド大陸で確認され始めた。何人かの学者たちと鬼剣士自らの研究により、今まではその症状が遺伝的特性や地域性に起因したことはないと知られている。主な武器は剣で、そのリーチを活かして戦う近距離型キャラクター。複数の敵を攻撃するスキルを多数習得できる。

格闘家
己の五体を鍛え、それを武器とする戦士。格闘家は強力なキックを繰り出すために重いブーツを履き、
スピードを重視したスタイルであるため、総じて小柄なものが多いが、身体が小さい からと言って甘く見てはいけない。
あっという間に近付き、タックルで息を止められ、ローキックで足を折られるのがオチだ。それだけでなく、密着時に使用する投げ技は必殺の威力を持っている。敵に密着して戦う超近接型キャラクター。リーチは短いが攻撃のスピードが速く、投げ技など近距離で威力を発揮するスキルを習得できる。

ガンナー
天人たちは龍王バッカルの魔法弾圧政策によりアラドは異なる発展を逃げた。検証が因難な魔法という技術に捕らわれない天界の学者たちは元素と金属の加工、火薬と動力といった技術を用いるようになった。このような背景があり、金属と火薬を使用した武器である銃が生み出された。これを扱う戦士を『ガンナー』と言う。独自の体術と銃で戦うアウトロー。基本は銃を使う遠距離キャラクターだが、蹴りを主体とした接近戦もこなせる。ガトリングガンなどの火器を使って連続攻撃を行うスキルを多数習得できる。

メイジ
やっぱり魔法は最高よね!アラド大陸とは異なる世界「魔界」多様な生物が存在し混沌とした世界である魔界では魔法という神秘の力が発達していた。魔界人が積極的にアラド大陸に出没し始めたのは大陸に不穏な空気が流れ出したごく最近のことである。魔界の魔法使いはアラド大陸の魔法使いよりも強力な魔法を操ることができ『メイジ』と呼ばれている。魔法攻撃を主体とする遠距離型キャラクター多彩な魔法スキルが習得可能で、広い範囲への攻撃が可能のものも多い。接近しての戦いは苦手だが、魔法の力によってそれを補っている。

■CG



「Published by NHN Japan Corporation (C) 2005. Neople,Inc. All rights reserved.」 当コンテンツの再利用(再転載、再配布等)は禁止されております。

アラド戦記

攻略サイト

■攻略サイト アラド戦記 攻略情報Wiki アラド戦記攻略情報 アラド戦記 攻略 アラド戦記 Wiki